Category Archives: 中古車のトラックの種類

排ガス規制とトラック買取の関係:ディーゼル車の買取はできる?

これまで長い間、自営の仕事に活用してきたトラックも、走行距離がだいぶ限度を超えて、走行性や機能性の面でもだいぶボロが目立ってくるようになりました。そこで自分としては廃車にするしか道はないものと思ってその手続きについて検討し始めました。しかしそんな矢先に友人が教えてくれたのが廃車買取です。こちらはすっかり廃車同然と考えているトラックであってもトラック買取業者の査定を受けるとそこに価値が見出せる場合があるというのです。

そのような廃車買取を行ってくれるような業者が本当にあるのだろうかと考えながらネット検索してみたところ、海外への輸出なども手掛けるトラック買取業者が無料査定を行ってくれるとのことで、早速依頼してみることにしました。無料とはいえ、その査定額が低かったり、やっぱり廃車にお金がかかるという結論ならばこちらの負担が増して損をしてしまうので、あらかじめその業者の口コミなどで評価を確認した上で、信頼できそうなことを確かめてから依頼してみることにしました。

すると無料査定にて細かく査定額を算出してくれた上に、本当に廃車買取してくれるとのこと。やはり廃車同然のトラックであっても修理して海外輸出することで日本車だとそのブランド力が評価されてよく売れるのだそうです。結局自分が考えていたよりも高値で売却することができ、大きなサプライズでした。トラック買取業車を吟味して良かったです。

排ガス規制とトラック買取の関係:ディーゼル車の買取はできる?

排ガス規制の影響で、それまで使っていたトラックが営業に使用できなくなってしまいました。そこで、仕方なく処分をすることにしましたが、買取をしてくれるのかどうか心配でした。ディーゼル規制で使えないのなら、買取をそもそもしてはくれないのではないかと思ったからです。

そのため、一応はトラック買取をしている業者に問い合わせてみることにしました。その結果、トラック買取の対象として、排ガス規制で使用できないディーゼル車も問題はないということでした。その理由として、海外に輸出することで利益が出るためであるとのことでした。排ガス規制はあくまで日本の木瀬であり、海外基準では問題がないことが多いので、十分に売れるといっていました。日本車は、メンテナンスのしやすさや耐久性に優れているため、まだまだ需要が多いため、トラック買取をして販売をすることができるらしいです。以上のことを知ることができたので、あんしんして買取をしてもらうことにしました。買取手がいないと廃車にする必要がありますが、それは費用的にも避けたいところでしたが、十分な値段を付けてもらうことができましたので、心配は無用でした。排ガス規制のトラックを売ることを考えている人には、心配の必要はないと伝えたいです。

廃車寸前の小型トラック!買取の前の点検ポイント

現場で使用する頻度が多く、走行距離も10万キロを大きく超えた平成18年式の小型トラック(日野デュトロ・高床)がありましたが、事業を縮小するにあたって1台を処分することになりました。処分方法は車の状態からみて廃車しかないかとも思ったのですが、念の為にトラック買取を行っている業者に相談することにしました。
内装や外装の状態は年数相応ということ、廃車を考えている程度の走行距離であること、修復歴や事故歴は特にないということなどを知らせた上で、複数のトラック買取業者からの見積もりをしてもらいました。一括査定サイトも活用し、最も高い査定額が出された業者と取引できれば良いと思っていました。
その中でも好感触だった業者が、なんと110万円の査定額を提示してくれたのです。業者の話によると、高床小型トラックは人気があり、走行距離が多くても年式が10落ち程度であってもそれなりの買取価格を提示できるとのことでした。もちろん、査定を受ける前に事前に洗車をしたり、内装をきれいに拭きあげて社内のタバコ臭やヤニ汚れも取り除くなど、状態をよく見せることを考えて作業したこともプラスに働いたようです。
廃車にすることでその費用がかかるかと思っていただけに、逆に売却で現金収入を得られて大満足です。

農業用トラックの中古買取!高く買い取ってもらうコツ

農業用トラックは不要になってしまっても買取サービスで高額売却出来ますよ。売却する方法自体も簡単で、トラック買取サービスを行っている業者にお問い合わせをして査定をして貰うだけです。業者の方によっては出張してトラックの状態を確認しに来てくれるので自分で運ぶ手間もかかりませんよ。

でも只サービスを利用するだけなのではなく、先に工夫をしておくだけでも買取価格が高くなってくれるので工夫をする事をおすすめします。トラックは購入した時の状態に近い程買取価格が高くなります。汚れや傷は少なければ少ない程良いですが、初心者の方が忘れがちなのが純正品のパーツを使用しているかどうかという点ですね。私も売却する少し前にメンテナンスをした時に気づいたので危なかったです。業者の方は見た目だけでなパーツの状態も確認するんですよ。

どちらかというと見た目よりパーツの状態が良い方が高い価格で買取ってくれます。この時に純正品のパーツを使用していないと買取価格が低くなってしまう可能性が高いです。パーツの取り外しをしている方はすぐに最初に組み込まれていた純正品パーツを組み込んでから売却をするようにしましょうね。取り外しをしたからと言って買取価格が低くなる事は無いので安心です。